質の良い睡眠を手に入れたい

おはようございます。
ととのえ見習いミライです。

ほぼベッドで埋め尽くされた寝室で寝ています。
f:id:rtfuture:20171020185150j:plain

21時過ぎに子どもたちと寝室に入り、21時半頃まで絵本タイム、息子が寝付くのは22時頃です。
以前は子どもを寝かせた後起きて家事や自分時間に充てていたのですが、ここ数ヶ月は子どもたちと一緒に寝て早起きするようにしています。
最近は、早朝が一人で集中して勉強できる貴重な時間です。

▼朝活について書いた記事
rtfuture.hatenablog.com
rtfuture.hatenablog.com

が、これがなかなか起きられない。
最近寒くなってきたせいもあるかもしれませんが、6時間以上寝ているはずなのにスッキリ目覚められません。
その上昼間も眠たくてたまらないということが頻繁にあり、本当に困ります。

主人は夜が遅く、深夜12時前後に帰宅するのですが、その後しばらくおひとり様タイムを楽しみ、3時頃に寝室にやってきます。
おひとり様タイムのテレビの音が階下から聞こえてきたり(寝室の下がリビングなのです)、寝室に入ってくる気配で目が覚めることもよくあります。

これはどうやら、睡眠時間の問題ではなく睡眠の質の問題だな。

ということで、すっかり目が冴えて眠れなくなったある深夜2時、Amazonアイマスクと耳栓をポチりました。

使い始めて1週間
・・・・あまり(というかほとんど)改善はされていません。

アイマスクは良い感じですが、耳栓はそれ自体が気になって逆にちゃんと眠れません。一、二度しか使いませんでした。

そして、熟睡できない原因は主人のせいだけではなかったとも再認識。

夜中に何度もお腹や顔面に飛んでくる蹴り、何が気に食わないのか寝ながら叫び狂う小さな怪獣。。。
光や音をシャットアウトしたってまったく関係ありません。
子どもたちの寝相の悪さに追いやられて、私も変な向きで変な恰好で寝ることになり、眠りは浅いし身体は痛いし(涙)

そして、最近のこの寒さの中、何故か布団や毛布を蹴り飛ばす子どもたち!
気になって、夜中に何度も布団をかけ直すことに・・・。

これはもう、寝室を別にするしかない!!
ところが、6歳の娘もまだ一人では眠れません。下の息子2歳は言わずもがな・・・。
というわけで、子どもたちがもっと大きくなるまでは、快眠を得ることはできなさそうです。

睡眠以外で疲れを取る方法ってありますかね?
ストレスを溜めないとか、軽い運動をするとか??
いずれにしても子どもが小さいうちはなかなか難しそうですが、無駄なことに労力を費やさないというのは大事かもしれません。
やりたいこと、やるべきことを見極めて、やりたくないこと、やらなくていいことは極力やらない。
そんな生活を心がけたいと思います。


ブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
ブログ村テーマ 家族