ちょこっと針仕事、気付いた時にすぐやるコツは?

おはようございます。ととのえ見習いミライです。

洗濯をしようと思ったら、洗濯物の山の中からポロリと小さなボタンが転がり落ちました。

子供が2人になった頃からめっきりやらなくなってしまいましたが、以前は、刺繍が好きで良くやっていました。小さな小物を作ったり、布バッグに大きな刺繍を入れたり。

細かい作業は嫌いではないのですが、ボタン付けや繕い物など、義務的な「THE 針仕事」は常に先延ばしにしてしまいます。

そんな私が、今回はボタンが落ちているのに気づいて直ぐに、ボタン付けをすることができたのです!
って、やってしまえば5分足らずの事。大げさですが、「えらい!」と自分を褒めたくなるほど、普段は先延ばしなのです。
f:id:rtfuture:20170524071809j:plain
※必要なものはコレだけ。たった5分の作業です。

今回面倒に感じず直ぐに行動に移せたのは、以前裁縫道具の収納を見直したおかげ。

以前は、趣味の刺繍や洋服作りなどの道具(大量の糸や定規、枠、などなど)を全て一緒に大きな袋に入れていました。
それを、もう使わないもの(または、当分使う予定のないもの)を処分して、「針仕事」に必要な糸と針、糸切りバサミだけを別にしました。
f:id:rtfuture:20170524071505j:plain
※針仕事道具

これだけの事で、ちょっとした針仕事を先延ばしにせず、直ぐに行動に移せるようになるなんて!
こういう気付きがあると、断捨離&ととのえ作業も楽しめます。



ブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
にほんブログ村テーマ シンプルライフ
にほんブログ村テーマ 断捨離でゆとり生活
ブログ村テーマ スッキリさせた場所・もの

広告を非表示にする