読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【食物アレルギー】持っているだけで安心。お守りを処方してもらいました。

おはようございます。ととのえ見習いミライです。

先週に引き続き、体調不良が続いています。。。
耳鼻科で処方された薬のせいなのか、体調のせいなのか、頭痛と胃痛、そして夜どんなに寝ても日中も強烈な眠気・・・

さて、今日の本題は私の体調不良ではなく、息子の食物アレルギーについてです。

先週、保育園でおやつを食べてアナフィラキシーを起こしました。
その日のおやつは、子どもの日から少し遅れた「鯉のぼりクッキー」でした。
もちろん園でも息子の食物アレルギーのことは把握していて、小麦や乳の入っていない、米粉で作った手作りクッキーです。

が、鯉のぼりの『目』として使った市販のチョコレートに乳(脱脂粉乳)が含まれていたのです。

その日、私は通院中で園からの電話に出られませんでした。
代わりに夫が迎えに行ってくれて、帰宅した息子を見ると、脚からお腹、腕まで全身に蕁麻疹が出て、顔まで赤くなり37.2度の微熱がありました。
迎えに行った時に夫が薬を飲ませてくれていましたが、医者に連れて行った方が良いと判断し、かかりつけの小児科に。

そこで、初めて『エピペン』(アナフィラキシー補助治療剤)の処方について提案をされました。
これまでも何度かアレルギー症状で診てもらっていますが、今回のように少しの誤飲でこれだけの症状が出るのであれば、エピペンを持っていた方が良いとのこと。
f:id:rtfuture:20170518215113j:plain
※再診後、処方してもらいました。


子どもたちの通う園では『食育』に力を入れていて、市内の認定園が市の共通献立を使っているのに対して、独自の献立で美味しい給食を作ってくれています。
今回のようにこどもの日など季節ごとの行事には、その行事に合わせた給食やおやつも作ってくれます。

息子以外にもアレルギーを持っている園児も何人かいますし、アレルギーについて本当にいつも気を付けてくれているのです。
アレルギー児が少しでも他の子たちと同じものを食べられるようにと、献立を工夫し、息子が入園して以来は全園児のクッキーが米粉クッキーになりました。マヨネーズも卵不使用のものに統一してくれました。

そんな中で起こった今回の事故。
チョコレートの袋には「脱脂粉乳」の記載があったそうなので、単純に見落としただけ。逆に言えば、ちゃんと確認していれば防げた事故でした。

園は「今後このようなことは起こらないようにする」と言ってくれました。
それでも、二度と起こらないとも言い切れません。

私には、園を責める気持ちは微塵もなくて、むしろ迷惑をかけて申し訳ない気持ちの方が大きいです。


今後も安心して子供たちを預けることができるように、
預かる園側も不安のないように、

エピペンをお守りとして、常に息子と一緒に所持することにします。
f:id:rtfuture:20170519135627j:plain



▼過去のアレルギー関連記事
rtfuture.hatenablog.com
rtfuture.hatenablog.com



ブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
ブログ村テーマ 家族
ブログ村テーマ 食物アレルギーっ子、アトピーっ子
ブログ村テーマ 卵・乳アレルギーっ子
にほんブログ村テーマ アレルギー児育児

広告を非表示にする