読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢をかなえるミライレポート

おはようございます。ととのえ見習いミライです。

連日ですが、「筆子ジャーナル」のTED動画記事から・・・
minimalist-fudeko.com
ローラ・ヴァンダーカムさんによる、タイムマネジメントに関するプレゼンテーションです。
このプレゼンテーションの中で、物事の優先順位を見極める方法として「年末の業務評価または近況報告を先に考える」という手法が紹介されています。

本来なら1年後に書くであろう「コレを実現するために、アレとコレとソレをやりました。素晴らしい1年でした。」という年末の報告を、事前に書いてしまうのです。
ある目標(または夢)を実現するには、何をすべきなのか、何を優先すべきなのかを見極める必要がありますが、それを「現時点から未来」を見ると、目先の事に気を取られて「時間がない」という結果になってしまいます。
(もちろん、ちゃんと先を見据えて計画的に実行出来る人もいると思いますが、私は目先の欲求に負けるタイプです・・・)
「素晴らしい1年でした」と報告するための根拠(そのために何をしたのか)を考えて、それをスケジュールに埋め込んでしまえば「時間がない」という良い訳は通用しなくなります。

このプレゼンテーションを聞きながら、「これは・・・」と思い当たる事がありました。
心の師匠「トトノエル(捨ててスッキリ。キレイに暮らす。)」の東条真紀さんが、毎月書いている「夢をかなえる10大ニュース」です。

suteru-happy.cos.ciao.jp
月の初めに一ヶ月の目標を過去形で書くというのを、なんと2008年から続けていらっしゃいます。
これ、まさに未来の近況報告ですよね。

真紀さんの「夢をかなえる10大ニュース」の書き方のルール(コツ)は、

  1. 過去形で書く
  2. お楽しみなコトも書く
  3. できなくても気にしない

もうすぐGWです、私も5月の10大ニュースを近々書いてみようと思います。

ととのえ記録

  • トイレの簡単掃除(2分)
  • ダイニングテーブル片付け(HotSpot2分)
  • ちょこっとエクササイズ(腕引きスクワット)
  • ウォーキング通勤(20分)
広告を非表示にする