家族に食器を洗ってもらうための工夫

こんばんは。ととのえ見習いミライです。

帰宅の遅い夫のために、ホワイトボードにメッセージを書くことがあります。
f:id:rtfuture:20170317000610j:plain
*娘から「パパありがとう きのこ山 おいしかったよ」・・・ホワイトデーのプレゼントはきのこの山でした(笑)

平日はいつも私と子どもたちが寝た後に一人で食事をします。
私は昨年末から寝る前に食器を洗うようにしているのですが、夫も食後は使った食器を洗っておいてくれます。
ところが、子どもたちと寝室に行く前に水を飲んだりして、流しにコップ一つでも置きっぱなしにしていると、翌朝、高確率で夫の食器が放置されているのです。

先日、筆子さんの本「1週間で8割捨てる技術」に、

ガラクタには、ほかのガラクタを引き寄せる性質があります。

という記述を見て、「あぁー!これかぁ!」と、納得しました。

まさに、たった一つのコップが、食後の食器洗いを「ま、良いか」という気持ちにさせていたのです。

【食器を洗ってもらうために、その1】
流しの中に何も残さないようにする

今週からは、FlyLadyの教えに従って、寝る前には食器を洗うだけではなくて、流しを拭きあげるようにしています。
以前は洗った後伏せて乾燥していた食器も、布巾で拭いて片づけるようにしたので、流しの横に置いていた水切り籠も撤去しました。
もちろん、コップ一つ残していません。
f:id:rtfuture:20170316235450j:plain

こうなると、今度は「洗った食器をどこに置けば良いの??」ということになります。
布巾で拭いて食器棚に片付けて・・・というのが理想ではありますが、それを要求するのは少しハードルが高いです。

そこで、
【食器を洗ってもらうために、その2】
あえて、給水マットを出しておく

水切り籠を撤去する前から、時々使っていたニトリキッチン給水マット。食器を置いていない時には、食器棚の扉に掛けてあるのですが、これをあえて流しの横に出しておきます。
f:id:rtfuture:20170316235531j:plain

更に、洗った排水カゴと蓋も、もとに戻しておきます(※そのまま食器を洗われると、食べ残しのゴミが流れてしまうので)
f:id:rtfuture:20170316235551j:plain


ところで、筆子さんは「今すぐキッチンから断捨離したいもの」として「台所用のスポンジ」を上げています。

今すぐキッチンから断捨離したい4つの古いもの

食器を洗うスポンジは、キッチンのゴミ箱やトイレよりも汚い(!)と言うのです。
とは言え、少なくとも日本では、ほとんどの家庭で当然のように使われていますよね。私の実家でも、夫の実家でもそうでした。
私も夫も、40年近く「食器はスポンジで洗うもの」と思って生きてきたのです。

平日の夜、私の両親に子守や家事の手伝いに来てもらっているため、食器を洗うのは私だけではありません。
突然スポンジを処分して、「食べ残しや油を新聞紙で拭きとった後プラスチックのブラシで洗って」と言っても、たぶん受け入れてもらえないと思います。
正直、私もちょっと自信がありません。。。

ただ、スポンジが不衛生というのには一理あると思うので、当面はスポンジの交換サイクルを頻繁にすることで対応しようと思います(※ヘタすると1ヶ月以上同じものを使い続けてしまいます・・・)
価格の安い物を探して、1日で使い捨てるというのも良いかもしれませんが、エコではありませんね。。。
1日の最後に排水溝の掃除、トイレ掃除などに使えば「使い切る」ことになるでしょうか?
*1

家族みんなに協力してもらえるように、あえて一度片付けた物を出しておいたり、時には妥協することも必要。
今後も悩みながら、一つずつととのえていきます。


ブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
にほんブログ村テーマ シンプルライフ
ブログ村テーマ 掃除&片付け
ブログ村テーマ スッキリさせた場所・もの
ブログ村テーマ 家族

*1:上の写真にはスポンジではなく、今日の夕方購入した旭化成のあみたわしが写っています。これについては後日記事にします。

広告を非表示にする