読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもと一緒にバレンタインクッキング

こんばんは。ととのえ見習いミライです。

今日も良い天気のだったなぁと、洗濯物を取り込んだ直後、突然ポツポツと雨が降り出しました。気づけば、向こうの空は真っ暗です。そして、その曇天に大きな虹!
f:id:rtfuture:20170214223239j:plain
写真では伝わらないと思いますが、こんなにはっきりとした虹を見たのは初めてかもしれません。

さて、今日はバレンタインでしたね。
去年からは、子ども(娘5歳)が保育園でお友達や先生にあげるためのお菓子を作るようになりました。すっかり彼女のためのイベントです。
週末に作るつもでいたのに忘れてしまい、昨日慌てて近所のスーパーで材料を揃えました。

せっかくの手作りなので、息子も食べられるアレルゲンフリーのもの*1を作ることにしました。
チョコレートは「乳」が入っていて食べられないと思い込んでいたのですが、最近になって「カカオバター」や「乳糖」は大丈夫ということを知り、チョコレートがけにもチャレンジしました。

クッキー作り

レシピは、そらさんの「とろけるきなこクッキー」を参考にさせていただきました。
アレルギー対応のお料理やお菓子をたくさん紹介されていて、とても美味しそうな(笑)ブログです。
soracafe.blog.jp

娘と一緒に生地をこね、型抜きしていきます。ハロウィン用のオバケやカボチャの型まで使いました。
大雑把な5歳児の動きに、ギャーギャー文句を言いながらの親子クッキング…

※あまりに必死だったため、作っている途中の写真がありません・・・

チョコレートがけ

焼きあがったクッキーに、湯煎で溶かしたチョコレートを掛けていきます。

f:id:rtfuture:20170214102314j:plain
※息子「これちょーだい」

f:id:rtfuture:20170214102552j:plain
※余ったチョコレートは子どもたちの口へ

ラッピング

今朝、冷蔵庫で冷やしたクッキーをラッピング・・・と思ったのですが、ラッピングの材料を何も用意していないことに気づき、朝から大慌て・・・。
何とか家にあるもので~と、折り紙で袋(コップ)を作ることにしました。これなら娘も自分で折ることができます。
クッキーを一つずつラップで包み、折り紙のコップに入れて出来上がり。
▼参考にしたクッキーケースの折り方
youtu.be


が、ここで少し問題発生。
このクッキーめちゃくちゃ崩れやすいのです。
そらさんのブログの写真ではそんな感じはないので、きっと私の作り方が悪かったのだと思いますが、口に入れた途端ホロリと崩れて溶けてしまうくらい・・・。
ラッピングのために、そおっと持っただけで、いくつか割れてしまいました。幼児が持き帰りするとなるとかなり心配です。
きっと移動中にバラバラになってしまう・・・。何か補強するものを、ということで、牛乳パックを切ったものを厚紙替わりに差し込みました。(折り紙でも貼り付ければ良かったのですが、時間がなかったためそのままで…)

あとは、登園担当の夫に、お友達のレターボックスに入れてもらうだけ。

※ラッピングしたものも写真を撮り忘れました・・・

ホロホロとろりなきな粉クッキー、とても美味しくて、家族の評判も上々。
クッキーの型抜きが面倒で苦手なのですが、これはまたチャレンジしてみたいと思います。

ブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
ブログ村テーマ 手作りおやつとパン
ブログ村テーマ 食物アレルギーっ子、アトピーっ子
ブログ村テーマ 家族

今後の課題と目標

  • 事前にしっかり準備する
  • 常に写真を撮る
  • クッキー作りに再チャレンジ!

おまけ

ところで・・・、保育園に持って行ったクッキーですが、どこにも娘の名前を書いていないことに、今気が付きました。
注)差出人が分からない手作りクッキーはホラー

*1:あくまでも息子のアレルゲンを含まないという意味です。きな粉を使っているので大豆アレルギーの方はNGです。

広告を非表示にする