毎日ちょっとずつ…できますか?

こんばんは。ととのえ見習いミライです。

f:id:rtfuture:20170130060322j:plain
※本文とは全く関係ありませんが、ふるさと納税の返礼品で美味しそうな熟成肉が届きました。頂くのが楽しみです☆

今日の本題は、昨日に引き続きお風呂掃除の話です。

毎日の入浴後に水を落とすだけでも掃除が楽になるとのことで、入浴後にはT字のスクイジーで水を落とすようにしています。浴室内の温度を下げて湿気を抑える目的で、壁や床に冷たい水を掛けるだけでも違うそうです。
でも、小さな子供がいる家庭では、これさえも難しいという事は大いにあり得ますよね。

我が家は幸い私の親の助けを借りられので、入浴後子どもだけをリビングにやって、私が一人で水切りや時にはクロスで拭き上げる時間を取ることもできますが、そんな環境の家庭ばかりではありません。
一人でやらなければならないとなれば、ゆっくりと自分の身体を拭くことさえままならないと思います。ちょこっとしたことでも、お風呂の掃除を毎日するというのは、なかなかハードルの高い仕事です。

毎日ちょっとずつやれば、まとめて汚れを落とすよりもずっと楽だということは、私自身も昨年秋からのお片付け革命で実感していますが、そもそも、掃除が苦手な人にとっては「毎日ちょっとずつ」が難しいのです。
たとえ本当にちょっとした事でも、苦手な掃除を毎日やるなんて無理…

そして、これは時間の有無だけの問題ではありません。時間があったとしても、習慣になっていない事を続けるというのは大変な事です。

時間が無くても『習慣』にする

そんな場合は、時間が取れなくても先ず「やる」と決めて、それを「習慣」にしてしまうというのも手かもしれません。

浴室内の落とすのには少なくとも3〜5分程度の時間が必要ですが、壁に冷水をかけるだけなら数秒で終わります。
子供を脱衣所に出してバスタオルで包み、自分が浴室を出る前に冷水を回し掛ける というのを「タスク」として、先ずは1週間やってみる。

頭の中で「やる」と決めただけではなかなか習慣にはなりません。何かを習慣にするには、アウトプットするのがお薦めです。スマホのタスク管理アプリを使っても良いし、ノートに日付とチェックボックスを書いて、やったらチェックするという方法でも良い。視覚的にどれだけ出来たか、または出来なかったかがパっと分かり、その後のステップアップまたはステップダウンの判断材料になります。

1週間毎日できたなら、「全体に水を掛けて、スクイジーで鏡の水を落とす」のように、少しだけステップアップしてみる。
1週間で出来なかった日が多ければ、「入浴後は扉を開け放つ」のように、更に簡単な内容にステップダウンする。

ごくごく簡単なことからでも、「入浴後のタスク」を習慣にすることさえ出来れば、後は少しずつ内容をステップアップしていけば良いのです。

実行する時間を決める

それから、「いつやるか」を決めてしまうのも重要です。今回の入浴後のちょこっと掃除は、入浴後なるべくすぐにやらなければ意味がないので関係ありませんが、例えば「1日10分ストレッチをする」という習慣を付けようと思った時に、1日の終わりにやったかやらなかったかチェクするのではなく、「毎日何時にやる」と予め決めておくのです。
そして、その時間にアラームをセットして実行する。その時間にどうしても実行できない事情があれば、別の時間にアラームをセットし直します。


習慣にしてしまえば何ということはないと分かっていても、新しいことを習慣にするのには「やる」という決意と続けるための強い意志が必要です。

私も少しずつ「習慣」を増やしていきたいと思っています。

にほんブログ村テーマ 時間管理・時間術について
にほんブログ村テーマ 掃除&片付け

広告を非表示にする