読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お片づけノートにチャレンジ中です

生活をととのえる

元旦から、mocaさん発案のお片づけノートを付けています。『1日3〜5個、捨てたモノとその理由をノートに書き込む』というものです。

www.okataduke-note.com

 

現在10日目ですが、実は、お片づけノートにチャレンジするのはこれで2回目。昨年11月の人生改革(お片づけへの目覚め)時に一度やってみたのですが、その時は1週間続かずに挫折してしまいました。

年末の大掃除に向けてたくさんの物を処分しましたが、それがノートに書くには多すぎたというか、ノートに書く意味がなかったというか・・・。mocaさんのサイトには、一日に大量に処分した場合のノートの書き方として

ノートには「クローゼット:ゴミ袋45L×3個」などざっくりでも、その成果を記録します

とあるのですが、出だしから数日間その状態が続いたことで、「これ書いてて意味ある??」という気分になってしまったのです。

 

そういう訳で前回は早々に挫折してしまったお片付けノートですが、大処分祭りも一段落した年明けから再チャレンジすることにしました。『1日5分×3週間』ということで、ご本家サイトは1週間ごと詳細を読み進めるようになっています。とりあえず前回たどり着けなかった1週間は続けることができました。

そして、1週間を終えて(2週目の詳細を読む前)の感想は・・・正直なところ前回と同じ「これ書いてて意味ある??」です。。。(ごめんなさい)。この1週間で捨てたものと言えば、そこかしこに放置されていた紙屑、引き出しの中の使い終わった消耗品、年末大量に頂いたミカンにカビを生やしてしまったもの・・・とにかく、明らかに『ゴミ』と言えるものばかりです。「断捨離してる」というような実感はまったくありませんでした。
更に、たくさん書けると思っていたこの3連休は、土曜、日曜と1つも書けませんでした。(昨日は慌てて数個書きました。) このままでは前回の二の舞・・・。

 

ところが今日、ご本家サイトの2週目のページを読んでみて「あ、これで良いんだ」と安心しました。断捨離の実感なく捨てていたゴミを、

それらは間違いなくご自身が、ちゃんと判断して捨てた

と言って貰えました。

この1週間の間に書かれたモノは、不要品であるにもかかわらず、意識しなければたぶん、今日もまだそこにあったのではないでしょうか

まったくその通りです。

 

また、こちらに書かれていた「1週間のふり返り」をしていなかったので、ここでしたいと思います。

Q1.まず1週間を終えてみて、続けられそうですか?
A. 続ける意味に疑問を持ちかけていたけれど、続けること自体は大変ではなさそう。

Q2.どんな理由で捨ててることが多かったですか?
A. 使っていない、壊れている、使い終わった消耗品、賞味期限切れ など、明らかに『ゴミ』だから。

Q3.それらの理由を見てどう感じましたか?
A. それらを見て見ぬふりをしていたことが恥ずかしい。

Q4.何か自分の中で変化した行動などがありますか?
A. 正直なところ、あまり実感はない。毎晩、ノートに書くための何か(ゴミ)を探すのに必死・・・。

 

「これまで、明らかなゴミでさえ捨てることなく放置していたのだ」ということに気づけたことは、もしかしたら大きな一歩なのかもしれません。
現在10日目と前述しましたが、今日から2週目ということで仕切り直して、とにかく続けてみたいと思います。

広告を非表示にする