ハンドケアと髪の毛の乾かし方

昨年11月頃から、家のことをちゃんとやろうと思い家事を頑張っています。『頑張っています』と言っても、おそらく普通に家事をこなす方から考えればまだまだなのですが、「帰宅したら上着をしまう」「使ったものを片付ける」「埃の積もった床を掃除する」といった『当然』のことが、今まで出来ていなかったのです。今の私は、他の多数の人にとって当然のことが頑張らないと出来ない。

 

で、最近になって「食事の後は食器を洗って台所を綺麗にする」「(時々)雑巾掛けをする」などの水仕事をする事が以前よりも増えました。年末のなんちゃって大掃除も経て、気づけば指先の皮はボロボロ、掌もガサガサです。

水仕事の時にはビニール手袋をして、こまめにハンドクリームを塗ること、そして寝る時には綿手袋をする。簡単にできる基本のケアはそれくらいでしょうか?実際にはその基本ケアさえ出来ていないのですが…

 

更に気になっているのは、お風呂上がりに髪の毛を乾かす時。私はロングヘアではありませんが、毛量が多い為髪の毛を乾かすのに異常に時間がかかります(ドライヤーの性能のせいもあるかもしれません)。

髪の毛を乾かしている間、髪をワシャワシャするドライヤーを持つのと反対の手は、温風に晒されながら髪の毛との摩擦でどんどん乾燥し荒れていくのが分かります。水仕事時のビニール手袋も就寝時の綿手袋も(やったとしても)台無しになりそうなダメージを受けているのでは!?

そこで数日前から、髪の毛を乾かす時に綿手袋をはめる事にしました。手先の乾燥を防ぐ事が目的ですが、手袋が髪の毛の水分を吸収して時間短縮になるかもしれないという期待もあります。ただ、逆に髪の毛への負担(乾燥や摩擦)が増えるような事があっては困ります。手と髪の毛の状態を見ながら、良い方法を探っていきたいと思っています。

広告を非表示にする